悩まない脳の使い方

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする5つの方法|脳を知れば即解決

心が落ち着く

朝起きると仕事に行くのが辛くて泣きわめきたくなったり、夜寝ようとしても明日の仕事のことを考えると胸が苦しくなってしまったり...正直、逃げ出したくなってしまいますよね。そんなときに、少しでも心を軽くする方法をお届けしていきます。

この記事で解決できるお悩み

  • 仕事に行くのが辛すぎてもう限界
  • 仕事が辛くて少しでも心を軽くしたい
  • 仕事を辞めるという選択肢はアリ?

 

サムライジマ
今回は、こんなお悩みを解決できる記事をお届けします。脳科学や脳機能のお話もまじえながら、お伝えしていきますね!

 

この記事では、仕事に行くのが辛いという人に向けて、「仕事に行くのが辛いときに心を軽くする5つの方法」→「仕事に行くのが辛いときに注意して欲しいこと」→「心を休めるために充電期間を設けるのもアリ」の流れでお届けしていきます。

 

本題に入る前に。心が限界に達しそうなときは、「しばらく仕事と距離を置いてゆっくり心を休める」というのも賢い選択肢のひとつです。仕事を辞めても毎月15~30万円くらい受け取れる『優しい制度』だってありますから、無理して心を壊さないようにしてくださいね。

合わせて読みたい

社会保険給付金

会社を辞めたい人へ

失業保険が28ヶ月?社会保険給付金サポートの退職コンシェルジュを徹底解説

2021/8/6  

この記事で解決できるお悩み 退職してしばらくお休みしたいけどお金の不安がある 退職した後に受け取れるお金について知りたい 失業保険が最大28ヶ月受け取れる仕組みとは? 社会保険給付金サポートの退職コン ...

通帳

会社を辞めたい人へ

【裏技】仕事を辞めたいけどお金がないから生活できないときの解決策

2021/9/9  

仕事を辞めたいけどお金がないから生活できない...という理由で、ストレスに押しつぶされながらも仕事を続けてしまっていませんか?今回お教えする【裏技】を使えば、たとえ仕事を辞めたとしても、2年間くらいは ...

 

仕事に行くのが辛いのは「あなたが弱いから」ではありません

弱いビジネスマン

仕事に行くのが辛くて、「自分はなんて弱いんだ。こんな自分が嫌だ。」と責めてしまったりしていませんか?

ですが、仕事に行くのが辛いのは「あなたが弱いから」ではありませんよ。

 

なぜなら、たまたま仕事が合わなかっただけたまたま上司が合わなかっただけたまたま職場が合わなかっただけだからです。

たとえば...

野球をするのが大好きな人もいれば、見るのでさえ嫌だという人だっています。また、先輩が楽しいっていうからテニスサークルに入ってみたけど、ちっとも楽しくない...また、友達は○○さんと仲良くしているみたいだけど、自分は○○さんのことがどうしても気に入らない。

こんなことはよくあることです。

仕事や職場、上司、同僚においても同じで、たまたま合わなかっただけですから、「あなたが弱いから」ではありませんよ。

 

趣味やサークルとかだと「もう、やーめた!」と言って簡単に辞めれるし、お友達なら距離を置くことだってできます。だけど、仕事となると生活に関わってくるから簡単には辞められないし、上司や同僚と距離を置くことは現実的に難しい。

だから、原因は「あなたが弱いから」ではありません

 

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする5つの方法

さて、仕事に行くのが辛い原因は「自分の弱さ」ではないということが分かっても、このまま、辛い気持ちを抱えながら生きていくのは避けたいですよね。そこで、ここでは、仕事に行くのが辛いときに心を軽くする5つの方法をお届けします。

心を軽くする5つの方法

  1. 今の状況を俯瞰してみる
  2. いつもとは違う解釈をする
  3. ロジカルに考えてみる
  4. 大自然の前で圧倒される
  5. 仕事以外の目標を定める

 

方法①:今の状況を俯瞰してみる

俯瞰

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法の一つ目は、今の状況を俯瞰してみることです。

この方法は、脳科学的にもストレスやメンタルヘルスの不調を軽減させる効果があると言われています。

 

たとえば、「仕事に行くのが辛い」と感じているあなたを、富士山くらいの高さから自分を見下ろすイメージで、俯瞰してみてください。日本中に何百万とある会社の中の一社、その一社の中の何十人、何百人といる従業員の中の一人であるあなた。

 

こうやって、富士山の頂上や上空の飛行機くらいの視点から、あなたの『仕事の悩み』や『職場の人間関係の悩み』を俯瞰して見ると、自分の悩みを「ちっぽけ」に感じることができるのではないでしょうか。

 

方法②:いつもとは違う解釈をする

いろいろ

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法の二つ目は、いつもとは違う解釈をすることです。

なぜなら、ある事象に対して、「嫌な気持ちが生まれる」か、「プラスの気持ちが生まれる」かの違いは、解釈の違いだからです。

 

たとえば、あなたの上司である課長から「このまえ頼んでた報告書の期限、いつまでって言ってたっけ?」と聞かれたとしましょう。このとき、「期限まではまだあるけど、早く出せ。」と解釈しなければならないと決められた規則も法律もありません。

 

サムライジマ
だから、こんな解釈をしてもいいんです!

 

自由に解釈

  • 「課長は自分で言ったことをもう忘れちゃったんだ。おっちょこちょいだな(笑)」
  • 「僕と話したいからって、そんなどうでもいい質問しちゃって。課長は“かまってちゃん”だな。」
  • 「俺が忘れてるかもしれないと思って、確認してくれるなんて優しい上司♡。」

 

頭の中をお花畑にして、とことん自分に都合よく解釈してみたら、少しは心が軽くなってきませんか?

仕事に行くのが辛いときは、いつもとは違う解釈をとことんやってみてください。

 

おすすめの解釈

  • クスっとなるような面白い解釈
  • 相手からの思いやりを感じる解釈
  • 私に憧れているという解釈
  • 私と仲良くなりたいという解釈
  • 私に感謝しているという解釈
  • 相手をおっちょこちょいだと思う解釈

自分が今まで悩んでたことを「アホらしく」感じることができるかもしれませんよ。

 

方法③:ロジカルに考えてみる

ロジカルシンキング

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法の三つ目は、ロジカルに考えてみることです。

なぜなら、ロジカルに考えると、扁桃体へんとうたいという脳部位の活動が鈍化するからです。「辛い」という感情は、扁桃体へんとうたいが生みだしていますから、ロジカルに考えると必然的に「辛い」という感情がおさまっていくというわけです。

 

たとえば、仕事に行くのが辛い理由が次のようなことだったとしましょう。

たとえば...

  • 上司が大声で威圧的に怒鳴りつけてくる
  • 会社から尋常じゃない量の仕事を押しつけられている
  • 会社が当たり前のようにサービス残業を要求してくる
  • 上司が仕事とは関係ない要求を強制してくる
  • 先輩から仕事をさせないようにしむけられている
  • 同僚から無視したり仲間はずれにされたりしている
  • 同僚から職場で知られたくないことを言いふらされている

 

サムライジマ
こんなとき、ロジカルに考えてみましょう。

 

ロジカルに考えると...

法律や規則に反している可能性が高いので、まず、客観的証拠を集めよう(動画の撮影、録音、メールやメッセージ画面のコピーなど)。そして、社内規則、条例、法律などの法令に反していないか照らし合わせていこう。

実際に、法的機関に告訴したり告発したり労働基準監督署に申告したりするかどうかは別として、証拠を集めて法令に反するか調べるというように、ロジカルに考えることが大切なんです。

そうすれば、今まで感じていた辛さが、いつの間にか消えていることになりますよ。

 

方法④:大自然の前で圧倒される

国内旅行

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法の四つ目は、大自然の前で圧倒されることです。

脳科学の研究では、「大自然や宇宙の広大さを前にして、自分の存在の小ささを感じると、脳が活性化し、謙虚な気持ち、素直な感謝の気持ちになる。そして、前向きにもなり世のため人のためという思いを強くする。」ということが分かっています。

 

だから、仕事に行くのが辛いときは会社を一日だけ休んで、山に足を運んでみてはいかがでしょうか。山の頂で、360度広がる空のもと、他の山々の連なりや雲海を見渡して“ちっぽけな自分”を感じてみてください。

そうすれば、あなたの心はきっとスッキリすることになりますよ。

 

方法⑤:仕事以外の目標を定める

目標

仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法の五つ目は、仕事以外の目標を定めることです。

なぜなら、仕事以外の目標を定めることで、仕事に対する嫌な気持ちをマスキング(覆い隠す)することができるからです。

 

たとえば...

この記事を読むことに集中していると、、スマホやパソコンをスクロールしている指の感覚を感じていなかったのではないでしょうか。そして、指の感覚を意識させられたことで、今まで気にしてなかった指の感覚が気になってしまいます。

 

このように、人の脳が意識を向けられることは、一つ、二つくらいしかありません。何かに意識を向けると、他のことはマスキング(覆い隠す)されて気にならなくなってしまうんです。

だから、この特性を利用して「仕事に行くのが辛い」という気持ちをマスキングしましょう。仕事以外の目標を定めて、そっちに意識を向けてやれば、おのずと心が軽くなりますから。

 

仕事以外の目標の例

  • 副収入で月○○万円稼ぐ
  • ○○の資格を取得する
  • フルマラソンを完走する
  • 美女と結婚して幸せにする

あなたの理想の姿を想像して、どう実現していくかも含めて目標を定めてみてください。

 

仕事に行くのが本当に辛いときは辞めたっていい

退職届

ここまで、仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法をお届けしてきましたが、それでもまだ、仕事に行くのが本当に辛くてしかたがないというとき。そんなときは、仕事を辞めてもいいと思います。むしろ、辞めるべきなのかもしれません。

 

なぜなら、心を壊してしまってからでは遅いからです。

 

「仕事に行くのが辛い」という気持ちを放置して、うつ病適応障害になってしまう可能性も否定できませんよね。そうなってしまうと、治るまでに長期間かかってしまったり、もとのように働けなくなってしまうことだってあります。

だから、元気に生きていくためにも、仕事に行くのが本当に辛いときは辞めたっていいんです。

 

「仕事を辞めたらお金が...」と心配になるかもしれませんが、こんな制度があることを知っていますか?

退職者を支える制度

失業保険が最大28ヶ月受け取れる制度

正確には『失業保険』と『社会保険給付金』を組み合わせて最大28ヶ月なんですが、仕事を辞めても、毎月15~30万円くらい受け取ることができます。

金額は人によって異なりますから、あなたがいくら受け取ることができるのか、社会保険給付金サポートサービスの退職コンシェルジュに無料相談してみてください。ビックリするくらいの金額になるかもしれませんよ。

退職コンシェルジュ

\ 無料Web相談会を実施中! /

退職コンシェルジュに相談する

退職コンシェルジュ公式サイト

 

退職コンシェルジュについて、▼こちらの記事で詳しく解説しています。

 

仕事に行くのが辛いときに注意して欲しい3つのこと

危険

仕事に行くのが辛いとき、自分の気持ちを押しころしてしまうこともあれば、自分の気持ちに流されてしまうこともありますよね。そんなときに注意しておいて欲しいことが3つあります。悪い状況に向かってしまわないように、心に留めておいてください。

3つの注意して欲しいこと

  • 無断欠勤はできるだけしないこと
  • 辛い気持ちは放置し続けないこと
  • 大切なものを見失わないこと

 

注意点①:無断欠勤はできるだけしないこと

仕事に行くのが辛いときに注意して欲しいことの一つ目は、無断欠勤はできるだけしないことです。

なぜなら、無断欠勤が続くと懲戒解雇される可能性があるからです。

 

仕事に行くのが辛いとき、上司に連絡するのでさえ苦しいという気持ちも分かります。だけど、無断欠勤が2週間以上続くと解雇することができると言われていますから、メールだけでも入れるようにしましょう。

無断欠勤したくなるほど辛い仕事を続けるのは、もう限界なのではないでしょうか。この際、仕事や職場を変えるよう動き出したほうが、きっと未来は明るいですよ。

 

注意点②:辛い気持ちは放置し続けないこと

仕事に行くのが辛いときに注意して欲しいことの二つ目は、辛い気持ちは放置し続けないことです。

なぜなら、「仕事に行くのが辛い」というのは、心が発しているSOS信号だからです。放っておくと、うつ病や適応障害になってしまう可能性もあります。

放置するとどうなる?

  • 興味や楽しさを感じることがなくなって、気持ちの落ち込みが続く
  • 集中力や判断力がなくなってボーっとすることが多くなる
  • 人付き合いが嫌になって、部屋から出ることができなくなる
  • なかなか眠ることができなくなったり眠りが浅くなったりする
  • 仕事に行こうとすると吐き気や腹痛がして仕事に行けなくなる

こうなってしまわないためにも、「仕事に行くのが辛い」という気持ちが続くようなら、放置せずに心の専門家を訪ねてみたり仕事や職場を変えたりするようにしましょう。

 

注意点③:大切なものを見失わないこと

仕事に行くのが辛いときに注意して欲しいことの三つ目は、大切なものを見失わないことです。

なぜなら、『今の仕事』があなたの人生の中で一番大切なものではない、はずだからです。

もしも、「『今の仕事』はとてつもない苦労をして勝ち取ったものだから、一生大切にしたい!」と言うのなら、辛くても歯を食いしばってでも仕事に行く価値はあるのかもしれません。

だけど...

  • 家族と幸せに生きることが大切
  • 仲間と楽しく生きることが大切
  • お金をたくさん稼ぐことが大切

 

サムライジマ
『今の仕事』以外に、大切なモノがあるのではないでしょうか?

 

仕事が原因で、心を壊したり体を壊したりすると、あなたが本当に大切にしたいモノまで失ってしまうことになりかねません。

あなたが本当に大切にしたいモノを守ったり手に入れたりするためには、『今の仕事』じゃなくて『別の仕事』という選択肢もあることを忘れないようにしておいてくださいね。

 

仕事に行くのが辛いときは充電期間を設けるのも“アリ”です

休暇

最後に、仕事に行くのが辛いときは、仕事を辞めてしばらく充電期間を設けるのも“アリ”だというお話をしておきます。

半年から2年くらい人生の充電期間を設けることで、かえって人生が好転することも良くあります。

人生が好転

  • 心からやりたい仕事に出会えた
  • 英語の学習ができて喋れるようになった
  • 気持ちがリフレッシュして前向きになれた
  • 資格の勉強ができて難関資格を取得した
  • わずらわしい人間関係をリセットできた
  • 体調がすこぶる良くなった
  • 儲けの種を見つけれて事業で成功できた

 

辛い仕事のことで頭がいっぱいになっていると、幸せの種を見落としてしまうことがよくあります。だけど、充電期間を設けて脳にゆとりを持たせると、「幸せの種が、いとも簡単に目についた!」なんてことはよく耳にします。また脳科学的にも、この現象は正しいと言えます。

だから、仕事に行くのが辛いときは、仕事を辞めてしばらく充電期間を設けるのは“アリ”です。人生を好転させることにも繋がりますから。

 

でも、「お金がないから仕事は辞められない!」というときは、『失業保険』と『社会保険給付金』を組み合わせてみてください。仕事を辞めても、毎月15~30万円くらいを最大28ヶ月も受け取ることができますから。

ただ、受け取れる金額は人によってちがうので、社会保険給付金サポートサービスの退職コンシェルジュに無料相談してみてください。計算した結果を無料で教えてもらえますよ!

退職コンシェルジュ

\ 無料Web相談会を実施中! /

退職コンシェルジュに相談する

退職コンシェルジュ公式サイト

 

退職コンシェルジュについて、▼こちらの記事で詳しく解説しています。

 

まとめ:仕事に行くのが辛いときは無理をしないこと

以上、仕事に行くのが辛いときに心を軽くする方法をお届けしてきました。

心を軽くする5つの方法

  1. 今の状況を俯瞰してみる
  2. いつもとは違う解釈をする
  3. ロジカルに考えてみる
  4. 大自然の前で圧倒される
  5. 仕事以外の目標を定める

 

それでも、仕事に行くのが辛いときは無理をしないことが大切です。心を壊してしまってからでは遅いからね。

だから、仕事を辞めて失業保険を最大28ヶ月間もらいながら、有意義な人生の充電期間を過ごすというのも賢い選択肢の一つだと思いますよ!

退職コンシェルジュ

\ 無料Web相談会を実施中! /

退職コンシェルジュに相談する

退職コンシェルジュ公式サイト

 

退職コンシェルジュについて、▼こちらの記事で詳しく解説しています。

合わせて読みたい

社会保険給付金

会社を辞めたい人へ

失業保険が28ヶ月?社会保険給付金サポートの退職コンシェルジュを徹底解説

2021/8/6  

この記事で解決できるお悩み 退職してしばらくお休みしたいけどお金の不安がある 退職した後に受け取れるお金について知りたい 失業保険が最大28ヶ月受け取れる仕組みとは? 社会保険給付金サポートの退職コン ...

  • この記事を書いた人

samuraijima

1993年、福岡県生まれ。「職場のメンタルヘルスケア」を考える人。20歳から26歳まで会社員として働くなかで、社会が取り組む職場のメンタルヘルス対策に違和感を覚える。「この世は生きづらい」と感じている人に向けて、脳のメカニズムを中心とした悩みを紐解く糸口となる情報をお届けしています。

-悩まない脳の使い方

© 2022 サムライジマ.com